スポンサードリンク

2014年06月28日

中国人のための偏向テレビ番組!テレビ朝日「朝まで生テレビ」は中国で放映せよ!

田原総一朗司会のテレビ朝日「朝まで生テレビ」を見ました。

(ヽ´ω`)グッタリ


自分は右寄りでも左寄りでもありませんが、酷い偏向テレビ番組ですね〜。

( ゚Д゚)ポカーン


番組の最後には、日本の内閣総理大臣・安倍晋三首相の靖国参拝がとにかく悪い!と司会の田原総一郎が中国人出演者の顔色を伺いながら叫び、中国人出演者と左翼出演者が大満足して終了しました。


日本の主権を侵害する中国人と一緒になって、日本の内閣総理大臣を非難する田原総一郎って、このおっさん、まず司会者とは何かを理解しているのでしょうか?

(・_・?)


それにしても、こんなに極端な左寄りの偏向テレビ番組を平気で垂れ流すテレビ朝日「朝まで生テレビ」の番組スポンサー企業って、中国系の企業なのでしょうか???


まさか日本企業が番組スポンサーだなんて有り得ませんよね???

イライライラ((怒´°∀°`))イライライラ


お互いの立場を尊重して議論を積み重ねることは、民主主義社会において大切なことだとは思います。


しかし、テレビ朝日「朝まで生テレビ」での議論には、民主主義の欠片も感じません。


中国人の日中科学技術文化センター理事長である凌星光と、ソフトブレーン創業者である宋文洲が、わあわあぎゃあぎゃあ言いたい放題言い放って、意に沿わない意見には恫喝までして、日本の公共電波を乗っ取って、好き勝手にやりたい放題です。


逆に中国のテレビ番組で、日本人がこれだけ言いたい放題・好き勝手なことをしたら、命が10分ももたないでしょうね。


つくづく、日本は良い国だと思います。


そして、中国人の言いたい放題・やりたい放題・マナーの悪さはいつものことで、ある程度予想していましたが、民主党衆議院議員の辻元清美、 そして、東アジア共同体研究所所長であり元外務省国際情報局長の孫崎享など、思いっきり左寄りの日本人がゴロゴロと出演して、全く民主的な議論になっていません。


かろうじて、元米国務省日本部長であり元沖縄総領事のケビン・メアが、宋文洲に恫喝されながら日本側の主張をしてくれているようではありますが、日本人側の出演者達の歯切れが悪すぎます。


テレビ朝日が日本人側の出演者には敢えて大人しい人を集めたのでしょうか。。。


ひょっとして、まるで中国の放送局・中国の番組であるかのような空気が現場に漂っていて、日本人側の出演者たちは委縮してしまっていたのかもしれません。

(つд・)


いっそのこと、テレビ朝日が中国系であることなど、そういった空気を一切読まない素人を出演させた方が面白いかもしれませんね。


いずれにしても、こんなに偏った偏向番組は、もう日本に要りません。

イラネッ(゚Д゚=)ノ⌒゚


どうぞ、気の済むまで中国で放映してください!!

(。-`ω´-)キッパリ!!



中国の恫喝に屈しない国

スポンサードリンク
posted by 話題のニュース・トピックス
Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
楽天市場
スポンサードリンク
サイト内とおすすめサイト内検索

ウェブ検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。